ホームお問い合わせ個人情報保護法
WCK紹介 カウンセリング 講師派遣 講座・グループ 公開講座 ニュースレター 出版物 リンク ブログ
  

ウィメンズカウンセリング京都10周年記念

公開講座一覧へ
タイトル
若桑みどり講演会「象徴としての女性像 〜絵画における性暴力イメージ〜」
実 施 日
2005年9月11日(日)13:30〜16:30
場  所
ウィングス京都イベントホール
講演者
若桑みどり
シンポジスト
(敬称略)
コーディネーター
概  要
連綿と語りつがれ描かれ続けてきた強姦される貞女ルクレティア像、胸にナイフを刺して自殺するルクレティア像は、 今もなお私たち女性に付与されている象徴である。

レイプされた女性は死ななければならないほど恥ずべき存在なのか… 男性画家によって描かれた勤勉で貞節な「紡ぐ女」像や、「男殺し」「強い女」「悪女」ユーディット像を見れば、女性という性別(ジェンダー)が社会文化的に作られてきたことが実感される。ジェンダー美術史家の第一人者若桑みどりさんの講演とスライドは、私たちの生きる家父長制社会において女性に付与された記号や象徴を暴露する刺激的で、痛快な試みである。

それはまた、ジェンダー拘束からの自由を目指すフェミニストカウンセリングと共鳴する。
入 場 料
1,500円
備  考
保育は1歳から就学前まで先着15名。 2週間前までの申込(保育料500円)。
主  催
ウィメンズカウンセリング京都
共  催
財団法人 京都市女性協会
報 告 書
あり
Copyright(C)2006-2016 Women's Counseling Kyoto.All Rights Reserved.